書式・表示形式

【Excel】セルに入りきらない文字を複数行に割り付けする

この記事は約2分で読めます。
文字の割付タイトル画像

※本記事の解説画像はMicrosoft365のExcelを使用しています。

まずは下の画像をご覧ください。セルA1とB1にそれぞれ文字列が入力されている状態ですが、B1の文字数が多すぎてセル内に収まりきらず、右側のC列以降にはみ出てしまっています。

B列に収まりきらない文字が入力された例

このB列の文字を列内に収まるようにしたい場合は、「折り返して全体を表示する」を適用するのが一般的によく使われる方法ですが、・・・

折り返して全体を表示する

セル内の文字の折り返しは、文字をすべて表示するために行の高さを変更する必要が生じ、同じ行にある他のセルの文字配置や表全体のバランスが崩れてしまうことがあるので、できれば避けたいな~という事もあると思います。

そこでお試しいただきたいのが「文字の割付」です。

はにわ先生
はにわ先生

文字の割付とは、セルの幅/行の高さ/文字の配置を変えることなく、入りきらない文字を自動的に下の行に割り振っていく機能です!

それでは先の例で試してみましょう。

まず、割付したい文字が入力されているセルB1を選択しておきます。

割付する文字列が入ったセルを選択

続けて、[ホーム]タブの「編集」グループにある「フィル」をクリック⇒ドロップダウンリストから「文字の割付」を順にクリックします。

ホームタブ フィル 文字の割付

確認メッセージ「選択範囲の下のセルに上書きします。よろしいですか?」は[OK]をクリックします。

確認メッセージ

列幅からはみ出た文字が下の行に割付されました。
先ほどの確認メッセージにもあった通り、割り付けされた文字は強制的に下の行に上書きされるので、行はあらかじめ余裕を持って空けておくようにしましょう。

文字が割り付けされた状態

文字を割付する行数を変更することもできます。例えば先ほど3行に割り付けられた文字列を2行にしたい時は、まずB列の幅を少し広げます。

B列の幅を広げる

割付をやり直したいセル(ここではB1~B3)をすべて選択します。

セルB1~B3を選択

再度「フィル」⇒「文字の割付」をクリックすると、2行に割り付けた状態に変更されます。もっと列の幅を広げると1行に戻すこともできます。

3行から2行に割付し直された状態

以下は、文字の割付を使う場合の注意点です。

  • セルの値が数値のみ、アルファベットのみの場合は割付不可
  • 数式の割付は不可
  • 拗音(ようおん:小さい「ゃ」など)や促音(そくおん:小さい「っ」など)、長音記号などが混在する文字列を割付した場合は禁則処理が行われ、行頭にこれらの文字が入らないように割付ポイントが自動調整されます。そのため、行ごとに文字数が異なる結果になる場合があります。
スポンサーリンク
でじログ部
タイトルとURLをコピーしました