罫線・表

【Word】表を編集するための基本操作をマスターしよう

この記事は約5分で読めます。

Word(ワード)で作成した表にある色々なハンドルやボタンの使い方と、ところどころで変化するマウスポインターの形状の役割などを解説します。

※解説画像はMicrosoft365を使用しています

スポンサーリンク

表の選択

Wordで文字列や段落に書式などを設定する時は「対象の文字列や段落を選択してからメニューをクリックする」という手順が基本です。

表の場合も同様で、選択の仕方によって書式メニューの適用される範囲が変わってきます。色々な選択方法を正しく把握しておくようにしましょう。

表全体を選択する

表内にマウスポインターを移動した時に表の左上に表示されるマークは移動ハンドルです。

移動ハンドルの位置

移動ハンドルの上にマウスポインターを合わせると、ポインターに四方向矢印の形が表示されます。ここをクリックすると表全体の選択が行えます。また、ハンドルをドラッグすると表を他の位置に移動することができます。

移動ハンドル上のポインターの変化

行の選択

行を選択する時は、行内をドラッグしても良いですが、左余白にマウスポインターを当て縦にドラッグすると簡単です。

余白をドラッグして行選択するところ

列の選択

列を選択する時も普通に1列分ドラッグしても良いのですが、選択したい列の上部外枠にマウスポインターを当て、黒い矢印に変化したところでクリックすると列が一度に選択できます。縦長の表や複数ページにわたる大きな表の列を選択する時に使うと便利です。また、黒い矢印の状態で1列クリックし(マウスの左ボタンは押したまま)左右にドラッグすると複数列を選択する事もできます。

列選択の形状

セルの選択

セルの左側の罫線(列幅変更の形状になる位置)より少し右側にマウスポインターを合わせると、右斜め上を向いた黒い矢印の形になります。そこでクリックするとセルの選択が行えます。左ボタンを押したままドラッグすると複数のセル範囲を選択する事もできます。

セル選択の形状

行・列・セルを選択してBackSpaceを押すと選択した箇所が削除できます

表のサイズ変更

表全体のサイズ変更

表内にマウスポインターを移動した時に右下隅に表れる四角いマーク表のサイズ変更ハンドルです。

サイズ変更ハンドルの位置

ここにマウスポインターを合わせると双方向矢印の形に変化します。ドラッグすると、表全体のサイズを拡大・縮小できます。

サイズ変更ハンドル上のポインター形状

このハンドルは自由な方向に動かせます。
例えば、右方向にドラッグすると列の幅の割合が保たれた状態でページ幅いっぱいまで広げる事ができます。また、縦方向にドラッグすると表全体の行の高さを一度に変更することができます。

ハンドルを横にドラッグしたところ
右方向にドラッグしたところ

斜め右下方向にドラッグすると横幅と行の高さが変更できます。

ハンドルを斜め右下にドラッグしたところ

左方向だと表全体の幅が縮まるため、セル内の文字列は自動的に折り返され、行は文字がすべて入りきる高さに自動調整されます。

ハンドルを左にドラッグしたところ

行と列の幅変更

行を区切る罫線上にマウスポインターを合わせると横二重線に上下双方向矢印の形になります。上下にドラッグすると行の幅を変更できます。

行幅変更ハンドル

また、列を区切る罫線上にマウスポインターを合わせると、縦二重線に左右双方向矢印の形に変化します。その状態で左右にドラッグすると列幅を変更できます。

列幅の変更ハンドル
Point

表内の一部のセル幅を変更したい時は、変更したい箇所のセルを選択してから罫線を左右にドラッグしましょう。

一部のセル幅を変更するところ

表全体を大きくするつもりで一番右の縦罫線や一番下の横罫線をドラッグしても、ドラッグした箇所だけが広がってしまい、他の列や行は変化しません。全体のサイズ変更は前述のサイズ変更ハンドルを使うようにしましょう。

行と列の追加

表の一番左側にある縦罫線と行を区切る横罫線が交差する位置にマウスポインターを合わせると、下図のようなボタンが現れます。

行の追加ポップアップボタン

これは行の追加ポップアップボタンです。クリックすると下に行が追加されます。複数行追加したい時は、増やしたい行数分だけクリックしましょう。

クリックして行追加したところ

また、表の一番上の横罫線と列を区切る縦罫線が交差する位置にポインターを合わせた時も同じマークが表示されます。こちらは列の追加ポップアップボタンです。

列追加のポップアップボタン

クリックすると右側に列が追加されます。クリックを何回か繰り返すと、クリックした数だけ列が増やせます。

列を追加したところ

※挿入される列の幅は、表を作成する時に「列の幅を固定する」「文字列の幅に合わせる」「ウィンドウサイズに合わせる」のどれが選択されていたかで異なります。上図では「文字列の幅に合わせる」設定にしていたため、最小幅の列が挿入されています。

尚、このポップアップボタンは表の左上角には出現しません。(移動ハンドルがあるため)
そのため、「1行目の上に行を追加したい場合」と「1列目より左に列を追加したい場合」は、1行目・1列目にカーソルを置いた状態で表ツールの[レイアウト]タブをクリックし、行と列グループのメニューを使って追加しましょう。

リボンの行列挿入メニュー

ポップアップボタンが表示されない場合

正しく操作しているはずなのにポップアップボタンが出ない、という時は設定がオフになっている可能性がありますので、Wordのオプションで確認しましょう。

[ファイル]タブ⇒「オプション」を順にクリックしWordのオプションを開きます。下図のように縦に並んだメニューに「オプション」の文字がない時は、「その他…」と表示されている箇所をクリックすると出てきます。

Word その他のオプション オプション

ナビゲーションメニュー「詳細設定」をクリックし、右側のウィンドウを表示グループまで下にスクロールします。「テーブルの行と列を追加するためのポップアップボタンを表示します」という項目を探してください。

Wordのオプション詳細設定画面の抜粋

ここにチェックを入れて[OK]をクリックすると表示されるようになります。

スポンサーリンク
でじログ部
タイトルとURLをコピーしました