図形・画像

【Word】図形を描く時はグリッド線を活用しよう

この記事は約2分で読めます。
グリッド線 タイトル画像

Word(ワード)は白紙の状態で図形描画を行うと、大きさや位置の加減に悩むことがあります。Excel(エクセル)の枠線のようにガイドになるものが何かあるといいのに・・・と思ったら、「グリッド線」を表示して描画するという方法があります。

※解説画像はMicrosoft365のWordを使用しています。

スポンサーリンク

グリッド線を表示して図形を作成する

グリッド線を表示する時は、[表示]タブの表示グループにある「グリッド線」にチェックを入れます。

グリッド線の位置

グリッド線を表示すると見た目は便箋のようになりますね。ちなみにこの線は、あくまでガイドですので印刷はされません。

グリッド線を表示した状態

ではこのまま[挿入]タブ⇒「図形」で適当な図形を描いてみましょう。

挿入タブから図形を選択したところ

ドラッグを始めると・・・ちょっといつもと動きが違っていませんか?

グリッド表示ありで図形を描画しているところ

白紙の時には図形を選択してドラッグすると特に抵抗なくスルスルと動いていましたが、グリッド線を表示した状態で図形をドラッグすると、グリッド線の上か、線と線の中間あたりで動きが一瞬止まるような手ごたえになると思います。

お気づきの方もいると思いますが、これはExcel(エクセル)で図形を描く時にAltを押しながら描いた時と似た動きですね。(参考記事:【Excel】図形やグラフ作成時に使うと便利な「Alt」キー

グリッド線を使えば、同じ高さで別の図形を並べて描くのも簡単ですし・・・

同じ高さで別の図形を描画したところ

図形をドラッグで移動する時もグリッド線のおかげで位置合わせがしやすくなります。

グリッド線を利用した高さ合わせ

直線や矢印を水平に引きたい時はShiftを押しながらドラッグするのが一般的ですが、グリッド線を表示した状態であればShiftを押さなくても線に沿って水平に引くことができます。

地図なんかを作る時は便利ですね。

水平線を引いた地図サンプル

ドラッグ操作を通常の動きに戻したい時は、[表示]タブのグリッド線のチェックを外す(ページを白紙の表示に戻す)か、グリッド線を表示したままであればAltを押しながらドラッグすると「スルスル」な動きになります。

なんだかExcelの時と逆で混乱しそうですが、Altキーを押した時は、押していない時と反対の動きになるとぼんやり頭に入れておくと良いと思います。

※興味のある方は、白紙の状態で図形や線を描画する時に「Altを押さずにドラッグ」と「Altを押しながらドラッグ」の動きの違いを比較してみてください。「通常と反対」の意味がより実感できるのではと思います。

スポンサーリンク
でじログ部
タイトルとURLをコピーしました