画面表示・設定

【Excel】テキストファイルウィザードが見つからない

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。
テキストファイルウィザード タイトル画像

Excel(エクセル)でCSV形式のファイルを取り扱う場合、ダブルクリックで開くのはデータが正しく表示されない事があるので基本NGです。そこでデータの読み込みに「テキストファイルウィザード」を使っていた方も多いと思います。

csvファイル アイコン
(CSVファイル アイコン)

しかし、Microsoft365のExcelでは、テキストファイルウィザードが見当たりません。

何となくここからできるかな?と「テキストまたはCSVから」をクリックしてファイルを開こうとすると・・・

データタブ データの取得と変換メニュー

問答無用でPower Query(パワークエリ)が走り出し、このまま[読み込み]をクリックするとテーブル形式でデータが読み込まれてしまいます。

クエリの読み込みが開いたところ

「データの取得」をクリックしてみても、それらしいメニューがありません。

データの取得 メニュー一覧

Power QueryはExcel2016から標準搭載された外部データの取り込みや加工にとても便利な機能なのですが、そのかわり旧来のテキストファイルウィザードがとても見つけづらくなってしまいました。Excel2013から2016へ移行した時もこの問題に悩まされた方は多いのではないでしょうか。

それでも2016ではかろうじて[データ]タブの「データの取得」⇒「従来のウィザード」⇒「テキストから(レガシ)」を順に辿っていけばウィザードは開けたのですが、Microsoft365になるとメニューにもないので使いたい時は少々困ってしまいますよね。

でも、表示されていないだけできちんと機能は残っていますのでご心配なく。使いたい時は以下の手順でメニューに出てくるように変更しましょう。

スポンサーリンク

テキストファイルウィザードを表示する

まずは[ファイル]タブ⇒「オプション」を順にクリックし、Excelのオプションを開きます。下図のように縦に並んだメニューに「オプション」の文字がない時は、「その他…」と表示されている箇所をクリックすると出てきます。

ファイルタブ その他のオプション オプション

ナビゲーションウィンドウから「データ」をクリックします。

Excelのオプション ナビゲーションメニュー

レガシ データ インポート ウィザードの表示」グループにある「テキストから(レガシ)」にチェックを入れ、[OK]をクリックしてオプションを閉じます。

レガシデータインポートウィザードの表示

ではExcelの作業ウィンドウに戻り、再度[データ]タブ⇒「データの取得」をクリックしてみましょう。先ほどはなかった「従来のウィザード」が復活していますね。

データの取得メニューで従来のウィザードが表示されたところ

クリックすると、Excelのオプションでチェックを入れた「テキストから(レガシ)」が表示されます。

テキストから(レガシ)の表示

テキストから(レガシ)」をクリックすると、テキストファイルウィザードが起動します。

テキストファイルウィザード1/3

Power Queryもすごく便利なのですが、ある日突然「はい、今日からこっち使ってやってね」と言われてもすぐに理解して使いこなすには少々ハードルが高いように感じます。テキストファイルウィザードはレガシ(遺産)扱いされちゃっていますけど、まだ活躍の場は多いので当面残しておいて欲しいなあ・・・と思ったりもします。

スポンサーリンク
でじログ部
タイトルとURLをコピーしました