ページレイアウト印刷と保存

【Excel】表がページの中央に印刷されるように位置を調整する

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。
ページ中央水平・垂直設定 タイトル画像

※解説画像はMicrosoft365のExcelを使用していますが、他バージョンのExcelでも共通の内容です。

Excelで作った表を印刷すると、表がページの中央位置に綺麗に収まらず左や上に寄ってしまう事はよくあります。

下図は[ファイル]タブ⇒「印刷」をクリックしてプレビュー表示したところですが、表の横位置が少し左寄りになり、右側が余分に空いてしまっています。

Excel印刷プレビュー 表の横位置が左寄り

このくらいのレベルのズレだと『まあいっか』とスルーしたくなることもありますが(笑)、せっかくならキチっとページの中央に表を美しく配置できるといいですよね。

実はExcelの「ページ設定」のメニューに簡単に表を中央に配置できる便利な機能が備わっています。余白とかセルの幅を微妙に調整などといった面倒な操作は必要ありません。では、使い方を見ていきましょう。

『位置を直したい』と思うのはだいたい印刷プレビューを見た時が多いと思いますので、印刷画面から設定を行う手順でいきます。各種設定ボタンの下にある青文字の「ページ設定」をクリックします。

印刷メニュー下 ページ設定

ページ設定ダイアログボックスが開いたら、「余白」タブをクリックします。

ページ設定 余白タブ

余白タブの画面下方に「ページ中央」という項目があります。ここに2つのチェックボックス「水平」「垂直」が並んでいますが、表の横位置をページの中央にしたい時は「水平」にチェックを入れ、[OK]をクリックします。

ページ中央 水平にチェック

表が横幅のちょうど真ん中に入るように配置され、左右の余白が均一になりました。

印刷プレビュー 表の横位置がページ中央になった状態

縦位置を中央にしたい時は「垂直」にチェックを入れます。こちらは縦幅の中央に表が配置され、上下の余白が同じ高さになります。

ページ中央 垂直にチェック 表が縦中央位置になった状態

「水平」「垂直」の両方にチェックを入れると、横位置・縦位置とも中央、すなわち表がページのちょうど真ん中の位置になるように調整されます。

水平・垂直両方にチェック 表がページ中央に配置

尚、複数ページにまたがる表に「垂直」を適用する時は少し注意が必要です。最終ページの表の高さがページの縦幅よりも小さいとそこだけ中央に配置される(ように見える)状態になります。このような場合は「水平」だけを適用しておくのが良いでしょう。

複数ページイメージ

※ワークシート編集中に同様の設定を行う場合は、[ページレイアウト]タブの「ページ設定」グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックすると、簡単に「ページ設定」ダイアログボックスを開くことができます。

ページ設定を開く位置
スポンサーリンク
でじログ部