文字と段落の書式

【Word】均等割り付けで文字列の幅を揃える

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。
均等割り付けタイトル画像

本日のお題はWord(ワード)の均等割り付けです。均等割り付けとは、文字数が異なる文字列を、指定した文字数分の幅に揃える機能です。

均等割り付けの例

名前は知っててもいまいち使い方がわからなくて・・・という方も、コツを掴めばそんなに難しい操作ではありませんのでぜひトライしてみてください。

※解説画像はMicrosoft365のWord使用しています

スポンサーリンク

下準備:編集記号を表示する

均等割り付けを行う場合、段落(改行)記号を含めるか含めないかで異なる結果になるため、ガイドとして「編集記号を表示しておくことをおすすめします。

編集記号表示

「編集記号」の表示/非表示は[ホーム]タブの段落グループにあるボタンで切り替えられます。

編集記号

こちらのボタンが押し込まれている状態であれば編集記号が表示になっている状態です。

文字列を均等割り付けする

では、こちらの「第25回 日之出町梅まつり 概要」にある「日程」「時間」「会場」「ゲスト」の項目名に均等割り付けを行って文字幅を整えてみましょう。

文字の終端位置がばらばらの項目名

まず均等割り付けを行う文字列を選択します。Ctrlキーを押しながら「日程」「時間」「会場」「ゲスト」をドラッグして選択します。

選択対象文字列の抜粋

[ホーム]タブの段落グループにある「均等割り付け」をクリックします。

ホームタブ均等割り付けの位置

文字の均等割り付けダイアログボックスが開きます。
「現在の文字列の幅」の数値は、選択されている文字列の最大幅(この例では「ゲスト」の文字幅)が表示されています。

文字の均等割り付けダイアログボックスを開いたところ

※表示される値は文字種やフォントによって異なりますので、解説画像と同じように入力して試した場合でもこの画像と同じ「2.67字」になるとは限りません。

新しい文字列の幅」の数値ボックスに何文字分の幅で均等割り付けするか数値で指定しますが、ここでは少し文字間に余裕を持たせたいので「4字」に設定してみます。数値ボックス右側にあるスピンボタン(下図赤枠部分)の上向き三角をクリックして数値を増やします。

スピンボタンの位置

スピンボタンはクリックするごとに0.5ポイント刻みで数値が変動しますので、「4」になるまでカチカチ押しましょう。(行きすぎたら下向き三角をクリックして数値を減らしましょう)
※数値ボックスに直接「4」と入力しても大丈夫です。

数値が設定できたら[OK]をクリックします。

OKの位置

4字分の長さで均等割り付けされました。

均等割り付け適用状態

ところで、均等割り付けする対象文字列に区切り記号で入れていた「:」(コロン)は含めなくていいのか?と思われたかもしれませんが、「:」を含めると少々結果の印象が変わります。

コロンを含めて均等割り付けした状態
コロンを含めて均等割り付けした状態

「文字の先頭と終点を揃える」という観点からすると、「:」は含めない方が均等割り付けらしい結果になります。ただこれも好みだと思いますので、どちらでもお好きな方を採用していただいて良いと思います。

尚、均等割り付けを適用した後で文字列にカーソルを置くと下図のように水色のアンダーバーが表示されるようになります。

均等割り付け適用表示のアンダーバー

文字列より少ない幅を指定した時はどうなる?

「文字の均等割り付け」ダイアログボックスでは、元々の文字列の幅よりも狭い幅を指定する事もできます。試しに元の幅が「2字」だったところを半分の「1字」にしてみましょう。

元の字幅より少ない数値を指定して均等割り付けを行うところ

ギリギリ文字が視認できますが、さすがに小さすぎて実用的とはいえないですね(^^;)。ほんの少し縮めるくらいであれば行全体の幅調整などで使えるシーンもあるかもしれません。

均等割り付けでの縮小

※数値ボックスの最小値は0.1ですが、文字列によってこれ以上下げられないという限界値があります。

段落単位で均等割り付けする

均等割り付けは文字列単位ではなく「段落単位で割り付けする事もできます。

1行目の見出し「第25回 日之出町梅まつり 概要」の行全体(段落記号を含め)を選択して「均等割り付け」をクリックしてみましょう。

1行目の段落を全選択して均等割り付けを行うところ

ダイアログボックスは開かず、即座にページの幅いっぱいに文字が割り付けられました。

ページ幅いっぱいに均等割り付けされた状態

範囲選択した文字列に段落記号が含まれている場合はページ幅を基準に均等割り付けされます。これが「段落を均等割り付け」した状態です。

ページ幅いっぱいではなく、文字数を指定して均等割り付けしたい時は、文字列選択時に「段落記号」を含めないようにするのがポイントです。

段落記号の位置

ドラッグ操作で段落記号を選択しないようにするにはちょっとしたコツがあります。まず、文字列の先頭付近から段落記号を超えるくらいまで思い切って右にドラッグします。(マウスのボタンは押したままにしてください)

段落記号の右側までドラッグしたところ

そのままゆっくり左にドラッグして、段落記号が選択から外れたところでマウスのボタンから指を離します。

マウスを左にドラッグし段落記号から選択を外したところ

この状態で「均等割り付け」をクリックすれば「文字の均等割り付け」ダイアログボックスが開きますので、好きな文字幅を指定することができます。

文字の均等割り付けダイアログボックスが開いたところ

ドラッグだとうまくいかない・・・という時は、行ごと全選択した状態で(段落記号が含まれていて構いません)、[ホーム]タブの「拡張書式」をクリックし、「文字の均等割り付け」をクリックすると「文字の均等割り付け」ダイアログボックスが表示されますので、好きな文字幅を入力して適用してください。

文字の均等割り付け

表(セル)内での均等割り付け

表内のセルに入力した文字列を均等割り付けする時も、選択した文字列に段落記号が含まれるか含まれないかで結果が異なります。

セル内の文字列を選択した場合

まず「文字列の均等割り付け」を行う場合は、対象の文字列をドラッグして選択します。複数ある場合はCtrlキーを押しながらドラッグしましょう。尚、セル内に「段落記号」が見えていますが、セルに入力した文字列をドラッグした時は段落記号は選択できないようになっています。

セル内の文字列を選択したところ

選択が終わったら「均等割り付け」をクリックし、「文字の均等割り付け」ダイアログボックスで文字数を指定しましょう。

「文字の均等割り付け」ダイアログボックスを表示したところ

セル、列、行を選択した場合

こちらの図のように表の列を選択したり、セル・行・表全体を選択した状態で「均等割り付け」をクリックした場合は・・・

表を列選択したところ

セルに入力された文字列がセル幅いっぱいに均等割り付けされます。

セル幅いっぱいに均等割り付けされたところ

均等割り付けの解除

均等割り付けを解除したい時は、割り付けが適用されている箇所にカーソルを置いて「均等割り付け」をクリックします。
(文字列を全選択する必要はありません。水色のアンダーバーが表示される範囲内であればどこでも大丈夫です)

「文字の均等割り付け」ダイアログボックスが開いたら、左下の[解除]をクリックすれば割り付け前の状態に戻ります。

解除ボタンの位置
スポンサーリンク
でじログ部
タイトルとURLをコピーしました