セルとワークシートの操作

【Excel】スクロールした時に表見出しを常に表示させたい

この記事は約5分で読めます。
ウィンドウ枠の固定 タイトル画像

Excel(エクセル)で画面に入りきらない大きな表を確認したい時、隠れている領域を表示するために画面をスクロールすると、表の見出しが領域外に出てしまい非常に見づらくなります。

スクロールで表見出しが隠れた例

このような時は、「ウィンドウ枠の固定」で見出しを常に表示させておくようにすると便利です。

※解説画像はMicrosoft365のExcelを使用しています

スポンサーリンク

ウィンドウ枠の固定とは?

ウィンドウ枠の固定とは、ワークシートの行や列を固定して、他の領域にスクロールしても常に表示されたままにする機能です。

メニューの位置は[表示]タブのウィンドウグループにあります。

Excel 表示タブ
表示タブ ウィンドウ枠の固定

「ウィンドウ枠の固定」をクリックすると「ウィンドウ枠の固定」「先頭行の固定」「先頭列の固定」の3種類の固定方法が表示されます。この中から、表の構成を見て適切なものを選択します。

ウィンドウ枠の固定 3種類の固定方法

では、ここから1つずつどのように設定するかを見ていきましょう。通常であればメニューを上から辿るところですが、今回は簡単な方、下から順に手順を追っていきます。

先頭列の固定

「先頭列の固定」は、ワークシートの「A列」が固定されます。横長の表で、表示しておきたい見出しがA列に入力されている表を確認するのに適しています。

A列の位置

固定を行う時にカーソルがどこにあっても問題ありません。[表示]タブ⇒「ウィンドウ枠の固定」⇒「先頭列の固定」を順にクリックします。

列が固定されると、A列とB列の間に下図のようにセルの枠線の色とは異なる固定位置を示すガイド線が表示されます。

固定位置のガイド線

横方向にどれだけスクロールしても常にA列は表示された状態になります。

表を右にスクロールしたところ

先頭行の固定

「先頭行の固定」は、ワークシートの1行目が固定されます。縦長の表で、表示しておきたい見出しが1行目に入力された表を確認するのに適しています。

シートの1行目の位置

こちらも固定を設定する際のカーソル位置は問いません。[表示]タブ⇒「ウィンドウ枠の固定」⇒「先頭行の固定」を順にクリックしましょう。

行が固定されると、1行目と2行目の間に固定位置を示すガイド線が表示されます。下方向にどれだけスクロールしても常に1行目は表示された状態になります。

1行目が固定された状態

ウィンドウ枠の固定(任意位置で固定)

次は「ウィンドウ枠の固定」です。これを使うとワークシート内の任意の位置で固定することができます。そのため前述の2つと異なり、固定をかける前に固定位置となるセルを選択しておく必要があります。

位置の選択方法ですが、教本などでは『固定したい位置を指定して・・・』というようにザックリとした書き方をされている事が多いためか、「表示しておきたい列や行を選択して固定する」と勘違いしてしまう方も結構いらっしゃいます。

むしろその逆で、「スクロールした時に動く領域の先頭セル」を選択しておくのが正解です。

ちなみに私はその昔『カーソルの上辺と左辺の位置で固定がかかる』という風に覚えました。言葉にすると何だか混乱する・・・という方は、こんな風に形で覚えてしまうのもアリだと思います。

カーソルと固定位置の関係

例えばこちらの表で、氏名が入力されたA列と、日付や曜日が入力された3行目までを固定して表示したい時は、赤枠で囲った位置にカーソルを置いておけば良い、ということです。

行見出し・列見出しとも固定表示する場合の選択位置

そのまま[表示]タブ⇒「ウィンドウ枠の固定」⇒「ウィンドウ枠の固定」を順にクリックすると、A列と1~3行目は縦横どの方向にスクロールしても常に表示される状態になります。

列・行が固定表示されているところ

また、複数列や複数行のいずれかを固定したい時は次のように選択します。

A~C列までを固定したい時はD1にカーソルを置きます。カーソルの上辺にあたる部分より上に行はありませんので、行は固定されません。

C列までを固定したい時の選択位置

1~3行目までを固定したい時は、A4にカーソルを置きます。カーソルの左辺にあたる部分より左に列はありませんので、列は固定されません。

3行目までを固定する時の選択位置

待てよ?それでは、A1にカーソルを置いて固定した場合はどうなるでしょう?

実は、A1にカーソルがある状態で「ウィンドウ枠の固定」をクリックすると、行・列とも表示されているウィンドウの中央部分・・・ここでは詳しい説明は省きますが、別メニューの「分割」をクリックした時の分割線と同じ位置に固定線が入るという摩訶不思議な事象が起こります。

多分Excelを作った方の何かしらの意図あっての事なのかもしれませんが、・・・正直今の私には使いどころを見つけることができません(^^;)
興味のある方はご自身のExcelで試してみてください。

ちょこっとマメ知識

ウィンドウ枠の固定を設定した状態で、ワークシートの先頭セルにジャンプするショートカットキーCtrl+Homeを押すと、「先頭列を固定」した場合はB1、「先頭行を固定」した場合はA2、「ウィンドウ枠の固定」で任意位置で固定した場合は固定を行う時に選択されていたセルにジャンプします。

ウィンドウ枠固定の解除

ウィンドウ枠の固定の解除を行う時は、[表示]タブ⇒「ウィンドウ枠の固定」⇒「ウィンドウ枠固定の解除」を順にクリックします。

ウィンドウ枠固定の解除

このボタン位置は元々「ウィンドウ枠の固定」があったところですが、ワークシートのいずれかが固定されている状態だと「ウィンドウ枠固定の解除」に変化します。

尚、ウィンドウ枠の固定を行ったあと、クイックアクセスツールバーの「元に戻す」ボタンを押しても解除はされません。解除したい時はこちらのメニューから行うようにしましょう。

スポンサーリンク
でじログ部
タイトルとURLをコピーしました