セルとワークシートの操作

【Excel】オートフィルで漢数字の連続データを作る??

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。
オートフィルで漢数字の連続データ タイトル画像

Excelでは数値を入力したセルを他のセルにコピーしたり、連続データを入力したい時に便利なオートフィルという機能があります。オートフィルの使い方は、以前別回「オートフィルで連続した数値や日付を入力するで書いていますのでそちらを参考にしていただければと思いますが、私はこの回で「漢数字はオートフィルで連続データを入れられないよ!」と申しました。

それ自体は間違いではないのですが、セルに入っているデータが「数字だけ」という条件であれば、書式設定との合わせ技で疑似的にやってやれない事もないです。たいして需要もない小技ですが、ネタとしては使えるかもしれません(^^;)

こちらが実際にやってみたところです。セルA1には漢数字の「一」を入力してあります。フィルハンドルを下にドラッグしてみます。

A1に一と入力されている状態

ドラッグが終わったところでオートフィルオプションをクリックすると「連続データ」がありますね。

オートフィルオプションで連続データ表示

選択すると漢数字で連続データが入りました!

漢数字で連続データが入ったところ

では種明かしをしましょう。下の画像の数式バー部分をご覧ください。実は数字を表示形式で見た目を漢数字に変更しているのでした!

数式バーの表記

作り方は、まず普通に数字で「1」を入力したセルを用意します。そのセルの上で右クリックします。

数字を入れたセルで右クリックするところ

右クリックメニューから「セルの書式設定」を選択します。

セルの書式設定の抜粋
セルの右クリックメニュー(抜粋)

「セルの書式設定」ダイアログボックスが開きます。「表示形式」タブをクリックし(もう開いている場合はそのまま)分類から「その他」を選択してください。

セルの書式設定ダイアログボックス

種類から「漢数字」を選択したら、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

漢数字を選択したところ

これで数字が漢数字で表示されますので、あとは普通にオートフィルで連続データを入力するだけです。

数字の1を表示形式で変更したものと、直接漢数字で「一」を入力したものとでは、セル内で文字が表示される位置が異なります。表示形式を変更した方はデータは「数値」ですので右詰めになりますが、「一」を入力した方は単なる文字列なので左詰めになります。

漢数字と表示形式関数字のセル内での位置の比較

また、「セルの書式設定」で漢数字の下にある「大字」を選択して[OK]をクリックすると、このような連続データも作れます。帳簿や領収書などで漢数字を使う場合は「一、二、三・・・」と書くと改ざんされる恐れがあるのでこちらの大字を使っていましたね。

漢数字 大字表示

表示形式の良い所は、見た目だけを変更するものですので、漢数字のまま数式で計算する事もできます。こんな物どこで使うんだという状態ですね(笑)

漢数字表示のままSUMで合計

尚、「セルの書式設定」ダイアログボックスは、形式を変更したいセルを選択した状態で[ホーム]タブの数値グループにあるドロップダウンリストを開き、「その他の表示形式」をクリックして開く事もできます。右クリックが苦手、という方はこちらから開きましょう。

ホームタブ 数値グループ ドロップダウンリスト
スポンサーリンク
でじログ部
タイトルとURLをコピーしました