セルとワークシートの操作

【Excel】A列が再表示できなくなった

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。
A列の再表示 タイトル画像

非表示になっている列を再表示するのはそれほど難しい操作ではありません。
例えば下図はワークシートのB列とC列が非表示になっている状態ですが、これを再表示したい時は・・・

B列とC列を批評にしているシート

非表示になっている列の両隣にある列記号をドラッグで選択し、

非表示列を含め前後の列を選択したところ

その場で右クリック⇒メニューから「再表示」をクリックします。

右クリックメニュー 再表示

これで簡単に戻せます。

B列・C列が再表示されたところ

しかし、A列が非表示になっている場合はどうしましょう?「両隣の列記号をドラッグで選択」しようにも、右隣りの列しかないので困ってしまいますよね。

A列が非表示になったシート

この場合は、ワークシート左上角の「セル全選択ボタン」と「B列の列記号」の間にマウスポインターを移動し、ポインターの形状が縦二重線と双方向矢印の形になったところで右クリック⇒メニューから「再表示」をクリックしましょう。

二重線と双方向矢印の状態で右クリック

これでA列が再表示できます。

A列が再表示されたところ

ちなみに、マウスポインターが縦棒2本と双方向矢印の形になったところで右方向に向かってドラッグするという方法もありますが、元の列幅にきっちり戻すのが難しく、表の体裁が崩れてしまうことがあるのであまりおすすめできません。

列をドラッグで再表示するところ

右クリックがうまくいかない方は、「名前ボックス」を活用する方法もあります。名前ボックスとは、数式バーの左側にある白抜きのボックスです。普段は選択しているセルの位置が表示されていますが、ここにセル番地を入力してEnterを押すとそのセルを選択する事ができます。ではここに「A1」と入力し、Enterを押してみましょう。

名前ボックスにA1と入力

1行目の行番号とセルの間にカーソルの緑色がチラ見えしていますが、これが名前ボックスに入力した「A1」が選択されている状態です。

A1が選択されたところ

続けて[ホーム]タブのセルグループにある「書式」⇒「非表示/再表示」を順にクリックします。

ホームタブ 書式 非表示/再表示メニュー

サブメニューから「列の再表示」をクリックすれば、A列が再表示されます。

列の再表示

どちらでもやりやすい方で試してみてください。

【追記】A列が表示できないケースで、「非表示」と思っていたら実は「ウィンドウ枠の固定」が原因だった!という事があります。こちらの回【Excel】非表示にしていないのに端っこの列や行が消えた!?で書いていますので参考にしてください。

スポンサーリンク
でじログ部
タイトルとURLをコピーしました