セルとワークシートの操作

【Excel】A列が再表示できなくなった

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。
A列の再表示 タイトル画像

列の表示/非表示はそれほど難しい操作ではありません。例えば下図の例のように、B列とC列を非表示にしている状態から再表示する場合は・・・

B列とC列を批評にしているシート

非表示になっている箇所の両側にある列ごとドラッグで選択し、

非表示列を含め前後の列を選択したところ

右クリックメニューから「再表示」をクリックします。

右クリックメニュー 再表示

これで簡単に戻せます。

B列・C列が再表示されたところ

しかし、A列が非表示になっている場合は、選択しようにも後ろの列しかないので同じやり方はききません。仮にB列を選択して右クリック⇒「再表示」をクリックしても反応なしです。

A列が非表示になったシート

このような場合は「名前ボックス」を活用しましょう。名前ボックスとは、数式バーの左側にある白抜きのボックスです。普段は選択しているセルの位置が表示されていますが、ここにセル番地を入力してEnterを押すとそのセルを選択する事ができます。ではここに「A1」と入力し、Enterを押してみましょう。

名前ボックスにA1と入力

A1のある場所にカーソルの緑色がチラ見えしていますね。ちゃんと見えてはいませんが、現在A1が選択された状態になっています。

A1が選択されたところ

続けて[ホーム]タブのセルグループにある「書式」⇒「非表示/再表示」を順にクリックします。

ホームタブ 書式 非表示/再表示メニュー

サブメニューから「列の再表示」をクリックします。

列の再表示

A列が再表示されました。これがいわゆる「マニュアル的」な方法です。

A列が再表示されたところ

もうひとつ違ったやり方を。名前ボックスに先ほどのように「A1」というようにセル番地を入れるとセル選択されますが、列記号と列記号の間に「:」(コロン)を入れると列選択する事も可能です。場面を少し戻して、A列が非表示の状態で下図のように入力してEnterを押してみましょう。

名前ボックスにA:Bと入れたところ

一瞬、B列しか選択されていないようにも見えますが、実際はA列も選択されています。という事は?B列の上で右クリックして「再表示」を選択すると・・・

右クリックの再表示

A列が出てきました!右クリックが苦手でなければ、こちらの方が手早いかもしれません。

A列が再表示されたところ

どちらでもやりやすい方で試してみてください。

ところで、列の再表示を行う場合、非表示列の右隣りにある列記号の左端にカーソルを合わせ、縦棒2本と双方向矢印の形になったところで右方向に向かってドラッグするという方法もあります。

列をドラッグで再表示するところ

セル全選択ボタンとB列の列記号の境界にマウスを当てた時、ポインターの形状が上図のように変化すればドラッグでA列を再表示することもできますが、手動で元の列幅にきっちり戻すのはなかなか難しいので、表の体裁を壊したくない時はあまりおすすめできません。

おさらい

名前ボックスでセルを指定する時は、「A1」「A2」というようにセル番地をそのまま入力します。

列を指定する時は、
・特定の一列⇒「A:A」というように同じ列記号の間に「:」(コロン)を入れます。
・連続した複数の列⇒先頭の列記号と終端の列記号の間に「:」を入力します。例えばA列からC列までと指定する時は「A:C」とすれば間のB列も含めた範囲が指定できます。

はにわ先生
はにわ先生

名前ボックスは列を再表示したい場合に限らず、広い範囲の列をいっぺんに選択したり、たくさんスクロールしないと表示されない遠くのセルにジャンプしたい時に使っても便利ですよ!

スポンサーリンク
でじログ部
タイトルとURLをコピーしました