罫線・表

【Word】表の行の高さが縮められない時の対処法

この記事は約3分で読めます。

Word(ワード)の表で行の高さを縮めようとしたけれど、ある一定の高さからどうしても縮められなくて困ってしまった・・・という時の対処法です。

※解説画像はMicrosoft365を使用しています。

スポンサーリンク

行の高さが縮められない事象例

こちらの表は文字のサイズが12ptで入力されています。ここから「フリガナ」の文字サイズをもっと小さくし、行の高さも縮めようとしているところです。

元の表

まず1行目を全選択し、文字サイズを12pt⇒8ptに変更します。

文字を8ptに変更するところ

文字サイズが縮小されたのに合わせ行の高さも縮まりましたが、まだ少し余裕があるのでもう少し縮めようと罫線をドラッグしても動きません。

罫線が上に移動できない状態

行の高さが縮められないのは、Wordの「行間」の設定に関係しています。詳しい仕組みはこの回では省きますが、表を作成した時も行間のルールが適用されているために、既定の値より狭くする事ができない状態になっているのです。

すなわちこの行間のルールを解いてやれば動かせる、という事です。
では設定方法を見ていきましょう。

文字を行グリッドに合わせる設定を解除する

まず高さを縮めたい行を選択した状態で、[ホーム]タブの段落グループ右下にあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。(セル内にカーソルを置いただけでは1つのセルだけに設定が適用されてしまうので、必ず行全体を選択してください)

段落ダイアログボックスが開いたら、「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせるのチェックを外し、[OK]をクリックします。

段落ダイアログボックス

行の高さが縮まりました!

行の高さが縮まった状態

ちなみにこの設定は、「段落」ダイアログボックスで行間を「最小値」、間隔を「0pt」にしたのと同じ状態になります。最も簡単な方法ではありますが、おおむねこれで解決できるのではと思います。

更に行の高さを縮めたい場合は

更に行を詰めたいという時は以下の設定を試してみてください。(「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」のチェックは外したままにしておきましょう)

行内にカーソルを置いて(行を全選択した状態でも良いです)、表ツールの[レイアウト]タブ⇒「プロパティ」を順にクリックします。

表のプロパティダイアログボックスが開いたら[]タブをクリックします。

行タブの位置

高さ」のドロップダウンリストをクリックし「固定値」を選択します。

高さを固定値にするところ

高さを指定するはチェックを入れたまま数値ボックスに高さをmm単位で入力します
数値ボックスの右についているスピンボタンで1mmずつ増減できますが、コンマ何ミリまで細かく設定する時は数値ボックスをクリックして直接を数値入力しましょう。(ここでは「4.5」と直接入力します)

数値を設定したら[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

高さを指定するの位置

下図左は「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」のチェックを外しただけの状態で、右が「固定値4.5mm」の設定を追加した状態です。行の高さが更に縮まったのがおわかりでしょうか。本当に微調整の域になりますが・・・

グリッド線に合わせるを解除したものと固定値設定を行ったものの結果比較

尚、あまり小さい数値にしてしまうと文字が欠けてしまいます。少しずつ様子を見ながら、適度なところで止めておくようにしましょう。

行を縮めすぎて文字欠けしたところ

高さを「固定値」にした段階で行を区切る罫線を動かせるようになりますので、数値指定が難しければ罫線を上下にドラッグして調整してもよろしいと思います。

今回は文字を小さくした場合を想定しましたが、もちろん表内のフォントサイズを大きくした時に無駄に行の高さが広がってしまった時の調整も行えますので必要に応じ試してみてください。

スポンサーリンク
でじログ部
タイトルとURLをコピーしました