図形・画像

【Excel】常にセルの枠線に合わせて図形を作成する

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。
セルの枠線に合わせて図形描画 タイトル画像

Excel(エクセル)で図形を作成する時に、セルの枠線にぴったり合わせたい時の小技としてAlt(オルト)キーを使う方法を以前書きましたが、枠線に合わせてたくさんの図形を作成したい場合は毎回Altを押しながらドラッグするのも面倒です。

そんな時は、Altを押さなくても常に枠線に合わせて図形を作成できる設定にすると便利です。
[ページレイアウト]タブの配置グループにある「配置」をクリックしてみましょう。

ページレイアウト 配置

ここに「枠線に合わせる」と「図形に位置を合わせる」という2つの項目があります。本日はこの2つの機能について見ていきたいと思います。

配置ボタンのメニュー

(参考記事)

【Excel】図形やグラフ作成時に使うと便利な「Alt」キー
Excel(エクセル)で図形やグラフをセル枠ぴったりに合わせる時はAlt(オルト)キーを使うと簡単です。作業をスピーディに行える小技をぜひ覚えておきましょう。

※解説画像はMicrosoft365を使用しています

スポンサーリンク

枠線に合わせる

では「枠線に合わせる」をクリックして図形を作成してみましょう。

枠線に合わせるがオンの状態

ドラッグ操作が少し「カクカク」した動きになりますので、セルの枠線の位置に合わせてスムーズに描くことができます。

枠線に沿って図形を描くところ

「枠線に合わせる」をオンにすると、常時「Altキーを押しながらドラッグ」した時と同じ動きになるという事です。

Altは「通常の動きと逆」の動作にするキーですので、この機能をオンにしている状態でAltを押しながらドラッグすると一時的に機能が解除され「スルスル」した動きになり、枠線を意識せずに描くことができるようになります。

図形に位置を合わせる

図形に位置を合わせる」は図形と図形をぴったりくっつけたい時に使うと便利です。(ここをオンにすると、連動して「枠線に合わせる」もオンになります)

図形に位置を合わせるがオンの状態

図形を作成する時は「枠線に合わせる」だけをオンにした時と違いがあまりよくわからないと思いますが、たとえばこちらの画像のように、枠線の中間の位置にある図形に別の図形をくっつけたい時は効果がより実感できます。

2つの図形が分離している状態

この機能がオフになっている時、普通にドラッグして位置合わせをしようとすると慎重にやっても微妙にずれたりしてやりづらい事がありますが・・・

ドラッグ操作で位置がずれてしまったところ

オンになっているとぴったり合わせるのが容易になります。

図形がぴったりくっついたところ

矢印のついた線同士をぴったり合わせる時などもやりやすくなります。

矢印線を複数くっつけたところ

この機能も一時的にオフにしたい時はAltキーを押しながらドラッグしましょう。

スポンサーリンク
でじログ部
タイトルとURLをコピーしました