セルとワークシートの操作

【Excel】列の幅・行の高さを保持したまま表をコピーする

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。
列幅と行の高さを含めたコピー タイトル画像

Excel(エクセル)のワークシートに入力した表をコピーして他のブックや新しいシートなどに普通に貼り付けすると、コピー先の列幅や行の高さを基準に貼り付けられ、全体のレイアウトが崩れてしまう事があります。

表のコピーで列幅行幅が変わった状態

これを元の表の列幅・行の高さを変えずにコピー>貼り付けしたい時はどうしたら良いか?が本日のお題です。

※解説画像はMicrosoft365のExcelを使用しています

スポンサーリンク

元の列幅を保持して貼り付ける

まず、元の表の列幅をコピー先の表にも適用したいケースから見ていきましょう。

コピー元の表全体を選択したら普通に「コピー」します。下の画像は[ホーム]タブの「コピー」ボタンの位置を示していますが、もちろん右クリックメニューから「コピー」を選択しても、Ctrl+Cのショートカットキーでも大丈夫です。

表を全選択 ホームタブのコピーボタン

貼り付け先のセルにカーソルを置いて(ここではSheet2のセルA1を貼り付け先の起点とします)、[ホーム]タブの「貼り付けボタンの下半分をクリックします。

ホームタブ 貼り付けボタンのクリック位置

貼り付けメニューから「元の列幅を保持」をクリックします。

貼り付けメニュー 元の列幅を保持

元の表の列幅と同じ幅で貼り付けされました。

列幅もコピーされた状態
右クリックメニューから貼り付けする場合

貼り付け先のセル上で右クリック⇒「形式を選択して貼り付けの右向き山括弧をクリック⇒「元の列幅を保持」をクリックします。

右クリックメニューからの貼り付けオプション

もし、貼り付け時に「元の列幅を保持」をクリックするのを忘れ普通に貼り付けしてしまった時は、そのままもう1度[貼り付け]ボタンの下半分⇒貼り付けメニューから「形式を選択して貼り付け」を順にクリックします。

貼り付けメニュー 形式を選択して貼り付け

※貼り付け後に何か他の操作を行ってコピーモードが解除されてしまった時は、再度元の表をコピーしてから「形式を選択して貼り付け」をクリックしてください。

形式を選択して貼り付けダイアログボックスで「列幅」にチェックを入れ[OK]をクリックすると、元の表の列幅だけを貼り付けすることができます。

形式を選択して貼り付けダイアログボックス

元の行の高さを保持して貼り付ける

次は行の高さを保持した状態で表をコピー>貼り付けする方法ですが、行の場合は貼り付け時ではなく元の表をコピーする時の操作にちょっとしたコツがあります。

「表を全選択する」というと、普通はワークシートのセル範囲を選択する事を指しますが、行の高さごとコピーしたい場合は、表が入力されている行全体を選択します

実際の動きを見てみましょう。こちらの例を使用し、Sheet1にある表を、列幅・行幅ごとSheet2にコピーしてみます。

Sheet1のコピー元の表

見出しの入力された1行目から表の終端の6行目までを行選択し(行番号の上でドラッグして行全体を選択します)、普通にコピーします。

行番号を1行目から6行目まで選択した状態

Sheet2のセルA1にカーソルを置いて、先ほどの貼り付けメニューから「元の列幅を保持」をクリックすると、列幅だけでなく行の高さも保持された状態で貼り付けされます。

列幅・行の高さを保持して貼り付けされたところ
「元の列幅を保持」をクリックした時の結果

もうひとつ変則的な事をやってみましょう。表は同じものを使用しますが、今度はSheet1の表見出しと表の書式だけをSheet2にコピーしてみます。

まず、表見出しの1行目を行ごと選択してコピーします。

表見出しのある1行目を行選択する

Sheet2のA1にカーソルを置き、貼り付けメニューから「元の列幅を保持」をクリックします。見出し部分が行の高さ・列の幅を保持した状態で貼り付けされました。

見出しをSheet2に貼り付けしたところ

次に、Sheet1の表の2行目~6行目を行選択してコピーします。

2行目から6行目を行選択したところ

Sheet2のA2にカーソルを置き、貼り付けメニューから「その他の貼り付けオプション」の「書式設定」をクリックします。

その他の貼り付けオプション 書式設定

2行目以下は表の書式だけが貼り付けされました。列幅については、最初に見出しを列幅ごと貼り付けしていますので、2行目以下はあらためて列幅に対する操作は行う必要はありません。

表の書式だけが貼り付けされたところ

表を貼り付けたあとで列幅や行幅を整えるのって意外と手間なんですよね。コピーしようという場面になったら、ぜひ今回の小技をちょっと思い出して活用してみてください。

スポンサーリンク
でじログ部
タイトルとURLをコピーしました