セルとワークシートの操作

【Excel】表のコピー>貼り付け時に行と列を入れ替える

この記事は約3分で読めます。
表の行列入れ替え タイトル画像

表を作成する時に行見出しと列見出しに何の項目を置くかは結構悩むものです。考えながら打ち進めたはいいけれど、あらかた出来上がってから『やっぱり行と列が逆の方が良かった・・・』と思う事もよくあるんですよね。

そんな時は、Excelの貼り付けメニューにある「行/列の入れ替え」を使いましょう。表の入力をやり直しするよりも簡単です。

※解説画像はMicrosoft365のExcelを使用しています

スポンサーリンク

表の行と列を入れ替える

それでは、こちらの表を使って実際にやってみます。簡単なテストの点数表みたいなものですが、現在は縦の行見出しに科目、横の列見出しに名前が入っています。G列には科目ごとの平均点を出すためAVERAGE関数が入力されています。

縦軸に科目名、横軸に名前の入った表

まず表全体を選択します。

表を範囲選択したところ
はにわ先生
はにわ先生

データが入力されている連続したセル範囲を選択する時は、範囲内のどこか1つのセルにカーソルを置いてCtrl+Shift+ *(アスタリスク:「け」のキーです)のショートカットキーを使うと便利です。

アスタリスクをテンキーで入れる時はCtrl+ * で大丈夫です。

選択範囲を「コピー」します。コピー方法はお好みで、[ホーム]タブの「コピー」をクリックしても良いですし、Ctrl+ C のショートカットキーでも、右クリックで「コピー」を選択でも、普段やり慣れている方法で行ってください。

コピーした表を貼り付けする位置をクリックして選択します。(ここではセルB9を選択していますが、もちろん新しいシートを1枚作成して貼り付けるなどでも構いません)

表を貼り付けしたいセル位置を選択

[ホーム]タブの「貼り付けボタンの下半分をクリックして貼り付けメニューを開き「行/列の入れ替え」をクリックします(下図左)。もしくは、貼り付けする位置で右クリックして貼り付けのオプションから「行/列の入れ替え」をクリックします(下図右)。どちらでもやりやすい方でどうぞ。

貼り付けメニュー 行列の入れ替え

表の行列が入れ替わった状態で貼り付けされました。あとは適宜書式を変更するなどして表を完成させましょう。

行列を入れ替えて貼り付けされたところ

「形式を選択して貼り付け」で貼り付け方を変更する

表を貼り付ける際に普通に「行/列の入れ替え」をクリックすると、セルの値以外にも数式や罫線・塗りつぶしなどの書式もまるごと貼り付けされますが、それらを必要としない場合は「形式を選択して貼り付け」で貼り付ける内容を変更することができます。ここでは例として「罫線を除く」パターンと「値のみ」を貼り付けするパターンを見ていきます。

罫線を除いて貼り付けする

表を「コピー」したあと、貼り付けする時に「形式を選択して貼り付け」をクリックします。

ホームタブと右クリックメニューの形式を選択して貼り付け
左:ホームタブ 貼り付けボタンのメニュー/右:右クリックメニュー

形式を選択して貼り付けダイアログボックスが開きます。「罫線を除くすべて」と一番下にある「行/列の入れ替え」にチェックを入れ、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

形式を選択して貼り付けダイアログボックス

文字通り、罫線を除いた状態で行/列が入れ替わった表が貼り付けされました。「罫線を除く」なので、セルに入力された数値や数式、フォントや塗りつぶしなどの書式、(あれば)入力規則やコメントなどは残ります。

罫線を除き行列入れ替えで貼り付けされたところ

値のみ貼り付けする

「形式を選択して貼り付け」時に、「」と「行/列の入れ替え」にチェックを入れて貼り付けすると・・・

形式を選択して貼り付け 値と行列入れ替えにチェック

元の表に入力されていた値だけが行/列入れ替えた状態で貼り付けられます。書式や数式はすべて削除されている状態です。

行列入れ替えで値だけが貼り付けられたところ

これらは用途に応じて使い分けしてみてください。

スポンサーリンク
でじログ部
タイトルとURLをコピーしました