図形・画像

【Office共通】変形ハンドルで図形の形を変えてみよう

この記事は約2分で読めます。
変形ハンドル タイトル画像

Word(ワード)やExcel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)の「図形」には、「変形ハンドル」という形を変えられるハンドルがついているものがあります。リストにない形にアレンジする事も可能ですので、見つけたらぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク

変形ハンドルの使い方

図形を選択している時に表示される黄色い丸印が変形ハンドルです。ここにマウスポインターを当てると、マウスポインターの形がしっぽが取れたような独特な形状に変化します。その状態で変形ハンドルをドラッグして動かすと、図形の形が変化します。

四角形(角を丸くする)の変形ハンドルの位置

変形ハンドルは図形によってどの位置にあるか・どのような変化をするかが異なり、ハンドルの数も1つだけのものと2つ~3つ表示されるものがあります。

いくつか図形をピックアップして変形してみたのでご覧ください。

こちらの画像は、四角形「角を丸くする」基本図形「円柱」を変形してみたところです。

四角形(角を丸くする)と基本図形(円柱)の変形図

次に、よく使われる基本図形の「スマイル」と「太陽」の変形例です。

スマイルと太陽の図形の変形パターン

変形ハンドルが複数あるものはもっと複雑な変形ができます。

例として、ブロック矢印グループの「三方向」の変形ぶりを見てみましょう。3ヶ所あるハンドルを1つずつ動かしてみます。

三方向の図形の変形パターン

2ヶ所、3ヶ所と同時に動かしたりすると更に違った結果になりますので、ご自身でも試してみてください。

変形ができない図形

下図で赤い網かけになっている図形は変形が行えません。(選択しても変形ハンドルは表示されません)

変形不可の図形

また、画像にはありませんがPowerPointの図形の一覧にある「動作設定ボタン」も変形不可になります。

変形可能な図形であっても、中にはサイズを大きくしないと変形ハンドルが表示されないものもあります。例えば基本図形のグループにある「左大かっこ」から「右中かっこ」の4つは、表示倍率を上げるか、サイズ変更ハンドルで横幅を広げないと変形ハンドルが表示されないのでご注意ください。

<おまけ>

たまにトップ画像などに出てくるこちらのロボ君も、体の全パーツが変形させた図形で出来ています。あえて何を使ったかの答えは申しません。これ何が元なんだろうな~と謎解き感覚で見ていただければと思います。

変形図形だけで作ったロボット絵
はにわ先生
はにわ先生

わたしも基本は図形で出来ています!ハカマは Smart Art を使っています。

スポンサーリンク
でじログ部
タイトルとURLをコピーしました